山岳部の日常を語るブログ


by kadaisangaku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

いむた池外輪山登山大会

11/27(土)にバンガローで前泊をして、
11/28(日)にいむた池外輪山に登りました。天気も晴れのち曇り。

T崎さんとT島は、鹿児島山岳連盟の方たちと一緒に運営側として参加。
自分たちの班は、中高年20名の参加者とクライミングをやっている子供のご家族4人。
こんなに多くの人たちと登ることがほとんどないので、新鮮で楽しかったですが大変でもありました。
温泉に入れて美味しい食事も頂いて役員手当まで貰えて嬉しかったです。大人になったらまたゆっくり楽しみに来たいなと思いました。


また、現在冬山を計画中です。
I見さんとT島で常念岳の方へ移動・予備含めて12/25~1/2のつもりです。
人数もどうにかならないかなと、いろいろ検討中です。


 もう寒い季節、風邪には注意しないと/by・T島
[PR]
# by kadaisangaku | 2010-11-28 22:08 | 週末山行

いむた池外輪山登山大会

11/27(土)に前泊をして、
11/28(日)いむた池外輪山を登りました。

T崎さんとT島は、鹿児島山岳連盟の方たちと一緒に班長・副班長として運営側で登りました。
参加者の方は20名。こんなに多くの人と一緒に登ることがほとんど無いので、楽しかったけれど大変でした。T崎さんは、閉会式で健脚コース4班の班長として挨拶までお疲れ様です。

今回は、温泉に入れて美味しい食事も頂けて役員手当も貰い、いむた池はまた大人になったらゆっくり楽しんでもいいなと思いました。


また、現在冬山を計画中です。
I見さんとT島で常念岳の方へ行くつもりです。
正直、去年のこともあるので不安が多少あります。人数もどうにかならないかなと悩んでいます。


 だんだん寒くなって風邪などには注意したいものです/By・T島
[PR]
# by kadaisangaku | 2010-11-28 21:42 | 週末山行

韓国岳

a0043698_20485173.jpg


 日曜日に霧島の韓国岳に行ってきました。

T島が寝坊してしまったので、電車の始発に乗り遅れてしまう。
(もっと気を引き締めないといけません…)

入部したいと言ってきた韓国人のスーちゃんには申し訳ないが、ミスドで時間をつぶしました。

電車で霧島神宮駅まで行って、そこからはバスで大浪池登山口に。トイレと準備運動を済ませ、
「いざ、出発!」
という感じで登り始めました。

25分くらいで大浪池に到着。人が多かったので、写真を撮って少し行った先で休憩。

西回りコースは反対側から来る人が多く、女性同士や家族連れの人たちにも会いました。
20人くらいの大勢のグループのおじさんに
「山ギャルだね~。」
と言われ、初めて聞く単語で少し複雑な気持ちがしました。

良いペースで韓国岳の頂上に到着。少し長めに休憩をとって、えびの高原の方から下山しました。
上の写真が頂上からの~(からの)大浪池です。天気が良くて、暑いくらいでした。

駅まで戻ると、電車の時間まで余裕があったので、Aコープでお弁当を買って、
電車の中で夕食として食べました。
[PR]
# by kadaisangaku | 2010-11-08 21:12 | 週末山行

生岩コンペ

昨日・今日は鹿児島で行われた生岩コンペ「Rock Summit‘ 2010」に参戦してきました。

6日は猿ヶ城渓谷、7日は藺牟田池で行われました。

6日、猿ヶ城エリアは新しい課題が増えてました。けど前からあった課題も得点に入ったので、地元

クライマーは多少有利だったかも。制限時間は3時間で、移動したり他のクライマーが登るのを待っ

たりで、あっという間に時間切れになりました。

自分はアッパーミドルクラスで参加。結果は…1位でした!賞品はメトリウスのサブマット!!これはう

れしい。

a0043698_0111726.jpg


7日、藺牟田エリアは新しく開拓されたエリアで、自分も行くのは初めてでした。前日の夜雨が降

り、登れるかどうかかなり不安でしたが、コンペが始まる昼までにはなんとか登れる状態になりま

した。しかし岩の上部がまだ湿っており、設定よりも1グレードは難しくなっている気がしました。

3級課題にかなりはまってしまい、残念ながら上位には入れませんでした。

今回のコンペには九州外から来られた方も多く、かなりの人数が集まっていました。

a0043698_0332536.jpg


次のコンペではメインマットを狙います。

                                                   T崎
[PR]
# by kadaisangaku | 2010-11-08 00:37 | 岩登り

大雨

 台風13号と秋雨前線の影響で奄美大島に大雨の被害が出ているそうです…
 私の実家が奄美だということで、いろんな人から心配ないのかなど尋ねられました。奄美で一番の街名瀬では大丈夫みたいです。携帯も固定電話もつながります。災害用伝言ダイヤルも使われているようです。
 しかし、やはり心配なのが国道が通れなくなっている個所が多くて物資が届かなくなっている地域です。ニュースでは、記者の方が笠利の空港から名瀬に行けなくて船で行ったなどのようなことも放送していました。今後、まだまだ情報に注意したいです。

 奄美というと、今年の大学祭には2年生の2名が奄美大島に合宿に行きます。瀬戸内町の嘉徳川に沢登りと湯湾岳の計画です。

  T島
[PR]
# by kadaisangaku | 2010-10-22 18:26 | その他

比叡山・雌鉾岳

 最近、陽射しもちょうどいいくらいになり朝晩はとても過ごしやすくなりました。
そのせいか、今回の岩登りではK岩さんにT崎さん、T島の3人ともくしゃみをしていました。
 季節の変わり目です。(風邪には気を付けたいですね。)

 前置きが長くなりましたが、16日の夜から出発して17・18日と岩登りに行ってきました。(以下、ですます調ではなくなるのでご了承を)

 比叡山では、まずⅠ峰南面の1.5スラブを登る。しかし、後から確認したも良く分からないけれど、途中からは2スラスーパーを1ピッチだけ登った。その後はひどいブッシュも多かったりでノーマルを登りつめた。
 T島はATCを落とす。この日、暗くなり始めるころに取り付きを探すが見つからずに諦める…

a0043698_1920493.jpg

a0043698_2003834.jpg
a0043698_2051453.jpg


 次に、トンネル近くの伐採した場所が良く見える付近からこれまた道路から数分の所に取り付きがある左方カンテを登る。クラックがあったかと思えばホールドのないスラブでなかなか難しかった。T島は後半は1ピッチに1回ゴボウした。最後の2ピッチはT崎さんが黙々とリードをした。

a0043698_2012891.jpg

a0043698_202091.jpg


 前日は綺麗な星空が見えたが、この日は曇っていて残念な感じだった。夕食はカレーうどんに温かい紅茶にお茶菓子(レーションの余り)でお腹を満たした。

 雌鉾岳では、庵の秋ルートを行くが、これも途中から春は曙ルートに行ったみたいだった。激しいほどに支点が遠くて舌を巻くほどだった。また、非常にポケットにカムが良く効いたのでK岩さんは何度も「恐ろしいほどにきまるね~」と言っていた。

a0043698_20362655.jpg
a0043698_2038282.jpg

このトラーバスには何度やっても慣れたくはない…
a0043698_20392417.jpg

a0043698_2042610.jpg


 今回は、全体を通してスラブが楽しめて良かった。天気も晴れていて気持ちよかった。

最後に、K岩さん、T崎さん、行き帰りと長時間の運転お疲れ様です。


 T島
[PR]
# by kadaisangaku | 2010-10-18 20:45 | 岩登り

号外!

ビッグニュースです。
新入部員が来ました!しかも女の子です!
超~嬉しくて、しゃべりがいつもの1.5倍になりました(^-^)
これから楽しくなりそうです。

 T島
[PR]
# by kadaisangaku | 2010-10-03 00:14 | その他

0910~0912石並川

の写真だけ先行配信

なんかコメント書き込めるみたいです
石並川&丸木谷遡行

I見
[PR]
# by kadaisangaku | 2010-09-15 08:34 | 沢登り

下山報告

7日から剣岳、薬師岳へ夏山合宿に行っていたT島、T田から無事下山しました。

大きな問題などもなく、予定通りの行程で進むことができたそうです。

二人ともお疲れ様でした。

T崎
[PR]
# by kadaisangaku | 2010-08-21 19:24 | 合宿


7月3日(土)
部室~フェリー~9:15塩入川~10:20敗退

メンバー
I見、T島、T田

雨がぽつぽつと降っている中、高隈の塩入川へ沢登りに行きました。

塩入川はそこまで難しい沢ではないし雨で少しくらい増水しても登れるだろうし無理だったら逃げればいいやという甘すぎる予測のもと塩入川へ

塩入川は入渓までが大変でチムニーを登ったりして服がどろどろになってしまった

やっとの思いで入渓地点につくと、沢の深さは浅いが水の勢いはすさまじかった

とりあえず、縦にスクラムを組み沢を登る

ほとんど平坦なところなのになかなか進まない

沢をトラバースすることさえ恐怖を感じました
a0043698_1139734.jpg


「これは無理だ~」と引き返す

遡行時間は30分も経っていません


これを敗退といっていいのかというほど無様な敗退でした。

それから、垂水で発見したおいしくて、安い(ここが重要)食堂で昼飯を食べて帰りました


「何しに来たんだ、俺たちは・・・」


T田


P.S.
夏合宿の日程が決まりました


8月7日 出発(フェリーで大阪へ)
  
  8日 大阪から富山(18切符で)

  9日 富山~立山駅~室堂~剣沢キャンプ場

  10日 雪上訓練

  11日 源次郎尾根

  12日 長次郎谷~三ノ窓(ビバーク)

  13日 三ノ窓~剣沢キャンプ場

  14日 沈殿

  15日 剣沢キャンプ場~五色ヶ原ヒュッテ

  16日 五色ヶ原ヒュッテ~スゴ乗越

  17日 スゴ乗越~薬師平

  18日 薬師平~折立~富山駅
[PR]
# by kadaisangaku | 2010-07-03 23:00 | 週末山行