山岳部の日常を語るブログ


by kadaisangaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

明日5:30から宮之浦川に向けて出発することにしました

うーん、緊張しますねぇ

外付けしているものがヘルメットだけだからか、ザック(50L)がパンパンになってしまいました

これで浮くかな?

まぁいいや


11月は他にもモッチョム岳、鬼岳、阿蘇東峰&根子岳、勉強会、アイゼン訓練、ビーコン訓練、実習とびっしりです

隙間就活!

I見
[PR]
by kadaisangaku | 2009-10-30 16:22 | その他

高隅へ

10月17日土曜日
10:20部室発~11:00フェリー~13:00猿ヶ城キャンプ場発~13:58二番小屋~15:25スマン峠手前~16:00夕食
~20:00就寝

 集合時は雨がパラパラ・・・(心配になる自分)
でも、フェリーに乗る頃には天気予報通り晴れました。(純粋な心を失いつつあるようです)

 キャンプ場からは、林道を
  犬に吠えられたり、
  沢ガニ3匹・25センチくらいのミミズに出会いながら
ひたすらアスファルトを進みました。T田君も少し嫌だったようでした。
a0043698_2381080.jpg

 テントを張った後、少々の休憩を取って夕食を作りました。
けれども、失敗がいくつかありました。

1、シチューとご飯の量が共に多かった→食いしごきになる

2、シチューの水の量が多く、非常に薄味になった→無味byT田

3、おたまを忘れる→コッヘルで直接すくうはめに

結果として時間をかけて完食しました。


10月18日日曜日
4:30起床~5:10朝食~7:38発~9:20妻岳~10:47平岳~11:20横岳~14:47第六休憩所~15:13猿ヶ城キャンプ場

 昨夜12時頃まで寝付けなかったT田らしいが、ちゃっかり睡眠を自分はとる。(逆に、平日よりぐっすりv やっぱ、山はいいな~)

 予定通りに起きて朝食を作ったまでは良かった。
しかし!この日も問題が発生した。
→またもや、量(ラーメン)が多かった・・・ 『あぁ、これを食べきることが可能なのは・・・』

 スマン峠の登りはきつかったが、1ピッチで行くべきでした。そして、大箆柄岳との分岐を通り過ぎ、妻岳へ。そこから平岳までの途中に「二子岳」の看板があり、その少し先に「双子岳」の看板がありました。(どっちが正しいのでしょうか?)
a0043698_027439.jpg

↑平岳
a0043698_0275461.jpg

↑横岳
 横岳からは、予定していた白山への道を探すが、30分ぐらいしても見つからずにキャンプ場への道を行きました。そして、刀剣山の方から先週と同じルートで下山しました。



・・・??? 
―《なぜ、下山にこんなにも時間がかかってしまったのだろうか》と思った方のために― 
 a,テントなどが重かったから
 b,横岳から刀剣山までが長かったから
 c,ただゆっくりしていたから

答えはそのどれでもありません・・・・
 『刀剣大滝の看板が綺麗すぎたー』 (言いたいことはこれだけです)

T島
[PR]
by kadaisangaku | 2009-10-20 00:36 | 週末山行

本城川本流

マスヶ渕10:15~ヒラタケ沢手前(ゴルジュ手前)12:30~二番小屋15:45
朝、生臭い(全滅したはずのネズミの死体がまだ部室にあるものと思われる)部室で寝坊する。出発が8:30となってしまったが、原付を使いなんとか登れないことはない時間に猿ヶ城に着く

マスヶ渕にて準備をするが、沢靴を忘れたことに気づく。なんてこった。自分の愚かさに辟易する。

かなりやる気をなくし、ナ○キのスニーカーで進むことに怖くなったが、はじらいの滝まで・・・と思うと何とか足が前に出た

しかしやはり滑る。沢靴(正式には磯靴というらしい)のありがたさと最近の行いが死へ着々と近づいていることを感じる

マスヶ渕を泳ぎ、巨石を適当に越えると「はじらいの滝」があり、あっさり巻く。その後の左へ直角に曲がったゴルジュを懸念していたが、前期にN原が見つけた岩の下を通って解決する。
しばらくいくと「さぎりの滝」とその手前の大淵が見える。いつものように左から悪い巻きにかかると見たことないボルトが打ってあった(しかもチョー浅打ち)。ほとんど役に立たない位置に打ってあり、何がしたいのか分からなかった。確かにこの巻きは悪いが、設置するならロープだろう。
巻きを越えた先は未知である。慎重に進む。そして左岸が屏風岩となるとゴルジュとなった。
a0043698_23451126.jpg
ゴルジュ

右岸に人工の棚があるが、スニーカーでは到底歩けそうになかったので泳ぐ。

なんか暖かい。右岸に泳ぎ着くとそこから温泉が沸いていた

ずっとこの場所に居たかったが諦め、左岸からチョックストーンと奮闘し越える。先には浅い淵があり、そのまた先に巨岩が詰まっていた。この巨岩を越えるべく、30分弱うろちょろする。そして諦める

「これは巻くつもりだった(のでカム・ハーケンは無い)6m滝なのでは?」と思い、高巻くべく右岸を攀じる。どこも登れない。しまいには1mほどから水面に落ち、鼻の中に水が入って気持ち悪くなる。と、ここで僕は気付いた

「ゴルジュ内では普通巻けないだろう」

そうか!と、元のゴルジュの始まりまで戻り、右岸から楽勝で高巻いた。視野・考え方が狭く、アホだなと感じた

ヒラタケ沢を過ぎるとガードレールが落ちてきており、そこに白いスラブがあった。ここの残置ボルトを利用して登る。ルベルソによるソロシステムはまぁまぁ良かったが、やはり手で軽く引っ張る必要があった(これで不動王は無理だな)。アブミはプレート式を使ったが、個人的には緩傾斜ならテープ式が使いやすいと思った。懸垂後の登り返しではタイブロックがめちゃくちゃ使いやすかった。登攀自体は工作のような楽しさだった(?)。なんかフリーよりエイドのほうが楽しい。おかしいか?

このあとしばらく歩くと二番小屋に着いた。スラブの登攀は1時間ほどかかったのに二番小屋から白いスラブまでは3分ほどで着いた。


感想:やっぱりソロ沢には救命胴衣が欲しいです。怖いです。沢に限らず、単独行は僕の性格に合ってないとつくづく感じました。

I見
[PR]
by kadaisangaku | 2009-10-19 00:37 | 沢登り
うおおおおおおおおお、明日沢に行くぞぉぉぉぉ

4月からの沢登りを数えてみたら6回ほどだけでした

今年は沢を登ると言いながら、結局あんまり登れないまま秋へと突入しそうです

頭の中では今年もいっぱい沢を登ったのに・・・行動力が足りないです

行動力が欲しいです

考えてばっかり


もうシューカツの時期なのに何にもしてないです

いわゆる社会常識的、一般的、飲みで友達と話をして自分のスタートが遅れていることに気づく大学生的に言う「ヤバイ」です

院に行くか

どーする、俺!(カードは2枚)

I見
[PR]
by kadaisangaku | 2009-10-17 22:42 | その他
先週は金峰山と本匠へ行ってました

金峰はチャリで行き、秋山合宿のために北壁を登ってきました(橋から頂上まではバードウォッチャーの男性の車に乗せてもらい、帰りはT口さんの車で下ろしていただきました。)

しかも3回も・・・

合計12ピッチです

ピッチをきる練習をしようと思い、T崎と行ったのですが想像以上に面白くなく、めんどくさくて頂上でしばらくひなたぼっこをしてました

ひなたぼっこ中にバードウォッチャーの方からアケビをもらいました。可食部が少ないですが、ほんのり甘かったです

それから時間も無いのでショートルートのダブルうんたらを登ってみると2回で登れました

ほぼ1年ぶりか、よかったよかった

帰りは暗くなってしまった中、チャリで坂を爆走!ナチュプロクライミングよりスリリングでした


そしてK岩さんを加え、その日の23時には本匠へ

次の日最初に取り付いたのはもちろん「バットマン」ですが、K岩、I見ともに2トライでRP

その後魚道でヘルプ、桜吹雪、免許皆伝、ブラックアンドホワイトと登りましたが、成果はK岩さんのヘルプのみ・・・

切り株エリアに移り、K岩さんはピットホールにボコボコにされ、I見は右側の10cと10aをOSし、数だけ増やしました

I見
[PR]
by kadaisangaku | 2009-10-15 12:06 | 岩登り

刀剣山へ

部室6:30~猿ヶ城キャンプ場8:53~第1休憩所9:46~第1刀剣山11:22~刀剣山展望所11:30~第2刀剣山12:52~猿ヶ城キャンプ場14:35

週末山行でT島と刀剣山へ行きました。
ザックが軽かったので10kgくらいの石を入れました。


ますヶ渕にある小橋を探しながら遊歩道を歩いていたが、見つからない・・・
そのまま遊歩道を歩いていると道は途切れた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ま、まちがえた(―_―)!!
しぶしぶ引き返す。
(帰りに、ますヶ渕と書いてある立て札が折れて、倒れていたのを発見した)

その後はスズメバチに何回も接近を許しながらも順調に進み刀剣山展望所へ


a0043698_235045100.jpg


ここでゆっくり休む

それから第2刀剣山へ行き、また休憩

またスズメバチが接近

「あ~怖っ」

のんびり休憩してから下山










部室に帰るとまだ5時だった。
「早っ!!!」
                                              T田
[PR]
by kadaisangaku | 2009-10-12 00:02 | 週末山行

「沈黙の春」的な

a0043698_1202140.jpg
先週末はN原とM原さんとで飲みました

ウィスキー3杯とスミノフアイス(だったなか?)だけでゲロゲロ

寝る寸前ぐらいからの記憶が薄いです

しかも二日酔いでT崎との沢登りを土曜日から日曜日に延期したら、なんや有耶無耶になり、結局どこも行きませんでした

ところでネズミですが、意外と捕まってますよ

以下にネズミの死体写真あり。駄目な人は見ないでね



















a0043698_1203713.jpg

こやつは今日ドア付近でパタリと倒れていました。1週間ほど前の毒餌が効いているようです。4匹捕まえました。

最近では棚の下からヒコヒコと鼻と目だけを出す姿を見るとかわいく見えることもありますが、やはり気持ち悪いです。また現在ベトベトシートに1匹捕まり、棚の下でキーキー鳴いております。Gさんベトベトシート効きますぜ!意外と賢くないです!

ただ毒餌に「魚が死ぬから川に流さないで」と書いてあったので、逃げたネズミが川とかドブとかで死ぬとやばいかもしれません

大丈夫かな

超音波装置を買うときは部費で買って欲しいです→T崎


I見
※N村さんに今までのフェスティや写真を渡したので、もうすぐホームページが更新されます。乞うご期待!
[PR]
by kadaisangaku | 2009-10-08 01:43 | 部会、飲み会

発見!

a0043698_114725.jpg


掃除してたら見つけました

第三次マナスル登頂隊隊長の槇有恒さんの色紙です。自筆?

I見

未だにネズミ発生中。ベトベトシート設置しました。
[PR]
by kadaisangaku | 2009-10-06 11:06 | その他

久しぶりに部会

ということで朝から掃除をしました

合宿前から発生しているネズミのせいで、小学生のときに教室で飼っていたハムスターのにおいがします

意外にも強烈なにおいでした。糞もたっぷりorz

ネズミ被害は匂いや糞だけでなく、色々とかじられており・・・靴のソール、ボルダーのマット代わりのスポンジ、焼酎の栓の縁、金魚のえさ、カバンの皮部分、いくつかのクライミングシューズのソール部分・・・

特にK岩さんの以前のシューズはトウの部分がモロに食われていました

今はN原のものなのに・・・

う、うまいんか(ーー;)

うーん、、、デスモアぁ!!!

I見
[PR]
by kadaisangaku | 2009-10-01 01:23 | その他