山岳部の日常を語るブログ


by kadaisangaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Gさんへ

冬山の記録のUP出来てなくてすいません

現在、鹿児島大学は試験中でありまして、すぐにUPはできないです・・・

2月4日に試験が終了するので、それからすぐに比叡山の記録(10、11月のものですが・・・)をUPし、2月7日にある部会でそれぞれが書いた冬山のフェスティを集めてからUPになると思います



現在試験中ということで次の更新も試験後になるともいます(*_ _)人ゴメンナサイ

なぜかというとI見は家で勉強ができないので、部室にコモっていてインターネットができないからですヽ(*`д´)丿

気晴らしに部室のウォールを遊びにきた探検部と登ったり、
a0043698_2135666.jpg

トウアンドヒールができるホールドを発見!

テスト期間中になるとなぜかいつもより登りたくなります(´・д・`)

っと、もう30分も立ってしまったヽ(´Д`;)ノアゥア...

では部室に行ってきます
a0043698_21251695.jpg

はぁ、早く解放されたいなぁ・・・
フェスティ係のI見
[PR]
by kadaisangaku | 2008-01-30 21:35 | 岩登り

追いコンのお知らせφ(..)

追いコンのお知らせですヽ(^o^)丿

来月2月の23日(土)、24日(日)に追いコンを行う予定です

場所は例年通り雨宮山荘です

今年はK岩さんが卒業されます

一応鹿児島近辺の方には連絡しましたが・・・

「おい!呼ばれてないぞ<`ヘ´> 俺も(私も)行くよぉ~」

という方はコメントなどでご一報くださいm(__)m

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

で、今週の部会ですが、

昨年の冬山の準備中に・・・



ジェンガ発見!!!^0^

しかし今まで一度もやらなかったので、今日ジェンガをやることになりました

しかも負けた人はこの日の煮込みラーメンの片付けをしなくてはならないことに・・・:;

サカサカと組み立て、

Let's ジェンガ!!!
a0043698_20463186.jpg

いろいろとこぼしたりしているせいか、机がひん曲がっているので、最初から傾いていました

ちなみに開始早々挑戦的なI見が一番下とその上の4本を抜きました^^;

K岩「マジかよ:;」

K岩さんは手が震える癖(腱鞘炎?クライミングのしすぎ?)があるので不利です

T崎「また?」 4人なのでドンドン順番が回ってきます

M原「ちょっ・・・みんな本気じゃん」

そう、みんなマジです
a0043698_2164889.jpg

マジになってやったら、こんなになりました^^;

ちなみにI見の手です。

I見「これはもう倒れそぉ」 なんとか引っこ抜く

K岩「まだ倒れないの・・・ちょっとどいて・・・・・・・・・」



ガッシャーン



上の画像の後、K岩さんが倒してしまいました

なんと40分もかかりました・・・

もう1回して2人で片付けの予定だったのですが、時間がないのでジャンケンで、あと1人はT崎くんになってしまいました^^;

本当に心臓に悪いですが、またやってみたいです

I見( ^^) _旦~~
[PR]
by kadaisangaku | 2008-01-17 21:19 | 部会、飲み会

新年会?

おとといの1月4日、訳あってN村さんのジムで部会を行ったのですが、何やら今晩O谷さんが家に来られるそうで、山岳部一同も一緒にお邪魔することになりました^0^

先に山岳部だけで味噌鍋の準備をしていると、N村さんの奥さん、O谷さんと来られ、みんなでコタツを囲んで食しました
a0043698_1839669.jpg

I見以外全員写っています。

人数が多かったので2鍋とうどん(うどんは少し余ったが)までたいらげてしまいました^^;

やっぱり大勢で食事をするとにぎやかで楽しいですヽ(^o^)丿

O谷さんとは初めてお会いしましたが、面白い方で、この日はO谷ワールドがさえわたっていました(N村さん曰く・・・)

実質、新年会になったのかな?





ところで今日はジムで新春コンペ(だったかな?)が催されました^0^

詳しい結果はジムのブログを参照してください。

A、Bクラスと分けられ、下の方のBクラスではありますが、1~3位を山岳部が独占しました!(^-^)

個人的には少し不満の残る結果ではありましたが、思う存分登れたし、今後の課題が見えた気がしました(150度ほどの壁になるとジムに通っている人に比べ、明らかに差があった)

それにしてもK岩さんに実力を見せつけられたなぁ

I見(・_・)
[PR]
by kadaisangaku | 2008-01-06 19:04 | 行事
もう鹿児島に帰ってきてしまってますが、裏合宿2~4日について書きます



2007年12月30日 2日目  寒かった

確か何か用事?餅つきだったか?があって出発が遅れる(だいぶ忘れて来ている。やっぱりこまめに更新するべきだった・・・)

まずA岩側からB岩に向かう

B岩と思われる岩のところの遊歩道が崩壊している

この岩にあるルートは登っている間にザイルが濡れてしまいそうなので諦める

崩壊しているところをなんとか通り、その先の岩に向かう。もちろん足元は海である

その先にある岩を調べるが・・・B岩っぽい。先ほどのB岩と思われる岩は100岩場に掲載されていない岩だったようだ

B岩では5.9のルートに挑戦するあぁ名前忘れた(*_*)

が・・・西風が強い。

K岩「さ、さ、さむいよぉ」






チョンボをしただけで諦める・・・うぅ、西高東低・・・

仕方なくB岩の上にあるC,D岩に向かう

海から離れているので、ザイルが濡れるという心配はない

C岩は難しいようなので(確かどれも5.11以上あったはず。100岩場の表紙のバトルシップもここにある)D岩を登ることに・・・

しかしD岩の基部はC、D岩に挟まれ、風の通り道になっているため、非常に風が強い・・・

いや、寒すぎる!(ToT)

I見「さ、さ、さむいぃ」






ザイルを出しただけで諦める・・・


最後にK岩さんがJ岩の無名5.10a(2日の写真参照)をレッドポイント(2回目以降のトライで登ること、以後RP)して帰路につく



2007年12月31日 3日目  昨日よりも寒くなる

早めに実家を出る。この日はかなり典型的な冬型の気圧配置だった。等圧線が日本列島に5本以上乗っかっていると風が強いんだとか・・・

この日はC,D岩の上部から岩場に入る。D岩には2人ほど先客がいたのでB岩を登ることにする。しかし大晦日にフリークライミングだなんて変わった人達だなぁ(´ー`)

まずはB岩の右側のABC5.9を登る。右側だと強烈な西風を防げるからである
a0043698_1637690.jpg

右の岩がB岩。

ABCは最初が少し細かいが、2、3ピン間はガバがあり楽だった。しかし最後4ピン目辺りがまた細かい。テラスに少し逃げる。あくまで少し・・・

なんとかOSできた

次はその左にある5.10aのルートを登る(あぁ、また名前忘れた^^;)

1ピン目の下の横に入ったクラックまで登り、クラックに手をつっこむ

ポチャン

I見「ん?」

なんと海水が溜まっていた・・・あああ

あせるI見、すべる手\(゜ロ\)(/ロ゜)/

案の定テンションしてしまったorzしかも2回も

なんとか登ったが、潮が満ちてきたので避難することに。  今度こそはRPを・・・
a0043698_1654720.jpg

それにしてもこの日は風が最も強く、波も高かった。1m以上あったはず。

最後にH岩(モアイ岩)を登ることにする

一旦海岸から離れ上からモアイに向かう


ところで、小赤壁は海なので景色が良く、海鳥など動物も見られた。中にはイルカ・・・
a0043698_1762332.jpg

・・・らしきものまでいた。この日の強い波で流されてきたのだろう。


モアイ岩はそのイルカからすぐの所にあった。基部が林に覆われているので寒くなかった。好条件である。

登ったのはノーズ5.10bである。鼻、か。   かっこいい名前だと思ったのに(・へ・)

2人とも挑戦してみるものの3ピン目のハングが越えられず、時間も迫ってきたので明日登ることを誓い、帰った


2008年1月1日 4日目

昨日のやり残し、ノーズを登る。3ピン目のハングを横にあるカンテを使って登る(写真がないのでわかりにくいと思いますが)

非常に怖かったが、超えると上はガバだらけの緩傾斜で楽勝だった。

上の2つあるハングもガバがあるので難なく超えRPした。良かった良かった。

次にモアイ岩の右側を登った。少し上の方にある。90度の壁で、あまり高くない。

まずはラストダンス5.10b/cから・・・

最初1ピン目のあたりでマントリング(岩が邪魔でいやらしい)、そこからはカチばかりであった。

非常に緊張する・・・4ピン目を掛けたあたりで非常にいいガバをつかむ

I見「きたぁぁぁぁぁぁ」

スカッ!?

足をすべらし、ほぼ片手でぶら下がる。危なかった。まさに油断は禁物・・・

しかしI見OSする。やったヽ(^o^)丿初めての5.10b/cOS。うーん、5.10c寄りだといいな(´ー`)

ところがその左の5.10b/cにも登るが、OSどころか2,3回テンションしてしまった^^;

その後は変色したイルカを越え、A岩の5.11以上を2ルートぐらいをトップロープでK岩さんだけ挑戦した。I見は燃え尽きてビレイだけしていた^^;

こうして小赤壁の戦いは終わったのであった。
a0043698_17481531.jpg

I見(゜-゜)
[PR]
by kadaisangaku | 2008-01-04 17:48 | 岩登り

魏軍、長江に燃ゆ・・・

明けてしまってスイマセン^^;

30日に更新すると言っていましたが、今日になってしまいました・・・

で、この年末年始に何をやっていたかというと・・・・・姫路でフリークライミングをやっていました。

日本100岩場東海・関西版の表紙にまで載っている小赤壁です。雑穀谷の前のページに紹介されています

その名前の由縁となった赤壁は中国の長江にあり、あの三国志の中でもっとも有名な戦い「赤壁の戦い」が行われています

そして2007年12月29日、裏合宿「小赤壁の戦い」が始まりました・・・




1日目

山陽電鉄八家駅で下り、南へひたすら歩きます。100岩場には交差点にコンビニがありますが、今は介護サービスセンターっぽい建物に変わっていました。

まずは手始めにA岩のサービス定食5.7を登ることにしました。ところが・・・

K岩「こ、細かいぃ・・・」

最初が5.7とは思えないほど、ホールドがありません。後に分かったことですが、他のサイトにも「下部は5.7じゃない」と書いてあったようです

そして上部をK岩さんが登る・・・ゴロゴロ

I見「!?・・・・・うおっ」

岩が崩れ、落ちてきました;; ヘルメットをしてなかったので、マジで危なかったです。大きいのは直径10cmほどもありました・・・

確かに100岩場にも「やわらかい」と書いてはありましたが、ここまでモロいとは・・・

とにかくオンサイト(1回で登ること、以後OS)はしました


その次は上へ行き、100岩場に載っていない岩を登りました。2本あり、左側のルートには途中に木が生えていました。

左側のルートで、I見は足をクロスしてからトゥーフックという(個人的に)とんでもないムーブをやったのですが、いやぁ他の人にも見せたかった^^;

右側も登りOSしました。どちらも5.9ぐらいだと思います


その次はI、J岩に行きました

I岩の中央5.9、右側5.9のどちらもOSしました。右側でI見はわざわざマッチ(同じ場所を両手で持つこと)ばかり使ってしまい、難しく登ってしまいましたが、なんとかOSでした。

J岩には無名5.10aの左側にもルートができていました。
a0043698_9421357.jpg

こんな感じです

まずは無名から登りましたが、ルーフ越えが非常に怖い・・・何度もためらってしまいましたが、OSしました^0^

ルーフを越えた後いいガバがあったからなのですが、「きっとガバがあるだろう」と賭けたのが功を奏しました

ちなみにこんなルーフでした
a0043698_9541599.jpg


しかしその左は・・・

何度やってもルーフを越えた後ちっこいポケット(穴)ばかりで足が無く、無理やり足をルーフに上げますがダメでした。いったいグレードはいくらなのだろう?5.10C/Dぐらいだといいのですが・・・

この日はこれで帰りました
a0043698_9545159.jpg

J岩の上からの景色・・・

次の日の事についてはまたこんどUPします
[PR]
by kadaisangaku | 2008-01-02 10:06 | 岩登り