山岳部の日常を語るブログ


by kadaisangaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:訓練( 15 )

歩荷訓練だ!

久々の投稿になりました。3年のホンダです。


昨日は合宿に向けて歩荷訓練しました。

いやー・・・・・30kgって重くないですか?僕は重いと思うんですけど・・でも去年よりもましな感じは少しします


残り一か月少しで合宿です。体を合わせていかないと


計画書作りとか船の予約とか色々まだ終わってないこと多すぎる中、学校のレポートも多すぎて
首回んないッス;;;


とりあえず少しずつ前進できるように頑張っていこうと思います。
[PR]
by kadaisangaku | 2013-06-29 12:12 | 訓練

Let go! Climbing

どーも3年のホンダです。

水曜日にF元くんとM田くんと一緒にクライミングジム『River』に行きました


OBにあたる大先輩のN村さんが経営なさっているお店で、紹介もかねていざ初ボルダー
a0043698_8541761.jpg


19時から24時くらいまでずーっとやらしてもらいましたが、後輩2人は腕がパンプしてましたね
最初はそんなもん。自分もそうでした。←ちょっと先輩顔(笑)自分も負けないように練習頑張ります。打倒3級。まずは4級www

F元くんはパンプにモロやられて、M田くんは皮まで剥けちゃって...2人ともよく頑張った

最高に楽しかったです☆
[PR]
by kadaisangaku | 2013-05-16 08:58 | 訓練

ビーコン訓練

遅くなりましたが、ビーコン訓練をしました(2人で!!!)
a0043698_1395440.jpg

a0043698_1405882.jpg

ビーコンを求め、穴を掘るT島

大学4年にもなって、何で(1人で!)砂浜で穴なんて掘ってるんだろうと悲しくなりました

a0043698_142471.jpg

帰りに両棒餅を食べました

あと3回ぐらいは絶対食べに来たいです

雪崩に巻き込まれても助けてもらえそうにない I見
[PR]
by kadaisangaku | 2010-12-21 01:49 | 訓練

アイゼン訓練

を桜島マラソンの前日、つまり5日土曜日に行いました。
a0043698_11534276.jpg
猿ヶ城です。ザイルを使えるような死んだ岩場が思い浮かばなかったのでここでおこないました(遠くなら色々あるのですが・・・)

もちろんボルダリング課題の無い岩です

アイゼンボルダリングです
a0043698_11535788.jpg
リッジっぽいところを登る。カリカリ言わせながら登りました

来週は手袋をしてやってみたほうがいいと思ってます

この後、10m弱のトラバースを練習させたら、「足が痛い~。もうやりたくないぃ。」と言われたので2時間ほどで終わり、刀剣山までの登山道を第6休憩所まで雪山用ブーツで1時間ほど往復しました
a0043698_11541623.jpg
猿ヶ城はまだ紅葉が綺麗でした


帰り道

T島「曲がれないぃいいぃぃぃ!!!」

I見「!?(振り返る)」


T「ヴぁあ゛あ゛お゛お゛お゛」

ザザザ!ファサァァ
a0043698_11543425.jpg
墜落現場

藪に突っ込んでいきました

a0043698_11544819.jpg

3mほど落ちたか、もうちょっといったら沢まで落ちていました

なんとか指の間の皮が剥けたぐらいですみましたが・・・

I見
[PR]
by kadaisangaku | 2009-12-08 12:11 | 訓練

ビーコン訓練

今年もビーコン訓練

前日は合宿の打ち上げ飲みで、とあるアマミーな方は19時ごろから6時まで飲みっぱなしでも、遅れず10時に来ました。化け物か!
a0043698_1343138.jpg
a0043698_13432185.jpg

T田は47分間掘り続けるという伝説を打ち立てました

さて冬山だ(その前にいろいろあるせいで、もう頭がいっぱいだぁぁぁぁぁぁぁ)

I見
[PR]
by kadaisangaku | 2009-11-23 13:43 | 訓練
たくさんのコメントありがとうございます。

さらに調子に乗って続けていきたいと思います^^;



えーと、昨日はもちろん買い出しにも行きましたが、アイゼン訓練があったのを忘れていました。

ですので、まずはアイゼン訓練の報告からです。


アイゼンとは靴底に装着する金属の爪のことです。基本的に雪上を歩くときに使います。夏山でも使用します。


今年度の冬山の予定である大山ではあまり使うことはないそうなのですが、一応練習することになりました。

場所は磯間嶽(363m)です。鹿児島市から南へ1時間半ぐらいだったと思います。

低い山ではありますが頂上付近が岩場になっていて、そこをアイゼンを履いて登ります。もちろん雪はありませんが・・・

M原さんとK岩さんはプラスチックブーツ(通称プラ靴)を履き、アイゼンを装着して登りました。T崎とI見はまだ買ってないので、夏用登山靴に装着し登りました。

先輩方はプラ靴なので足が固定され、登りにくそうでした。

I見らは初めてアイゼンで岩場を登ったので、なんか新鮮でした。最初、アイゼンの前爪2本で登るのは怖くくて信頼しきれませんでしたが、慣れてくると「アイスクライミングってこんな感じなのかなぁ」と思えました。ホントはもっと難しいものみたいです。

これを2回ほどやって終わりました。
a0043698_038413.jpg

頂上にいるのはM原さんです。景色もよく、周りには大きな奇岩があり、登ったらおもしろそうでしたがモロくて危ないそうです^^;



大学まで戻ると、買い出しに行きました。

I見はスカルパのベガというプラ靴を注文しておきました。

本当はもっと買い出しに行くつもりだったのですが、I見のバイトがあったので解散になりました。

プラ靴が届くのが待ち遠しいです^0^

I見(^_^)
[PR]
by kadaisangaku | 2007-12-17 11:34 | 訓練
遅くなりましたが、先週の日曜日に行われたビーコン訓練についての報告です。

10時、部室に集合して(いつものように数名遅れましたが・・・)、K岩さんの運転でどこかの海岸に行きました。どこだったかよく覚えてないです^^;

なぜ海岸なのか?

その前にそもそもビーコンとは・・・

山岳部でいうビーコン雪崩ビーコンのことを指している。積雪時における登山や山スキーなど、雪崩に遭遇する危険のある場合に携行する小型の機器であり、電波の発射及び受信が可能である。「アバランチトランシーバー(Avalanche transceiver)」とも呼ばれる。同行者が雪崩に巻き込まれ雪の中に埋没してしまった場合、埋没した人が携行しているビーコンから発射される電波を救助者のビーコンで受信することにより、埋没した人の位置を探索することができる。
引用:ウィキペディア

もしも埋まってもコレがあるから全然大丈夫(^_^)vのはず・・・・・

この訓練はつまりビーコンを使えるようになるための訓練なのです。

しかし鹿児島には雪がない・・・

雪に近いもの・・・・・砂浜!ということなのだろぉ



訓練内容はビーコンンのスイッチを入れて、ビニール袋で覆って砂に埋め、それを探し出すというものです

I見は最初14分もかかってしまったり、かなり遅かった(T_T)(ホントは1個見つけるのに5分ぐらいがイイのだけど・・・)

そのためM原さんは「5分ぐらいになるまでやろぉ」と言うのですが、K岩さんは訓練後、千貫岩に行きたいらしく・・・「ゾンデ棒(これも捜索時の道具の一つです)を使えば、もっと早く見つかるんだから、もういいよぉ」と対照的・・・

結局、何回か早くなるまで行いました。

次はビーコンを2個埋めて行いました。

2個になってもあまり変わらないのですが、スコップで掘るのが大変です

さらにI見は相変わらず遅く、18分ほどかかってしまい、もう1回みんな繰り返すことに・・・

千貫岩に行けなくなってしまいました(T_T)

そしてもう1度T埼くんから・・・





ここで事件が・・・

T埼くんが順調に1個目を見つけ、2個目のビーコンを探しにダッシュ!

I見も埋めたのでT埼くんが気づくのをじっと見ていたのですが、T埼くんは全然気付かない・・・

しかも砂浜の終わりまで走って行ってしまう











なんかおかしい





M原「そんな(遠くに埋めるような)意地悪なことはしないよぉ」

T埼「でも全然反応しないですよ:;」

K、M、I「え?」





実はこの前のM原さんの時に覆っていたビニールが破けて、ビニールを代えるのに気をとられてスイッチを切ったのを忘れていたのです。

それをそのまま埋めてしまった\(^o^)/








K岩「どの辺に埋めたの?」ザクザク

M原「この辺りから向こうにあるはずです」ザクザク・・・

I見「きれいに埋めすぎましたね」ザクザク・・・・

T埼「・・・」ザクザクザク・・・

ザクザクザクザク・・・・・3万円がぁ~   と、必死です。徐々に日も落ちてきました

しかし、たたみ2畳ほど掘ってもまだ出てこない・・・こりゃあ帰れそうにないなぁと思っていたそのとき








T埼「・・・・・・・・・・・・・・・ガサゴソ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(!゚Д゚)・・・・・・・・・・・・あった

さすがラッキーボーイT埼! おかげでなんとか無くさずにすみました

正直、昨日のセッションより疲れた1日でした。

I見ヽ(`Д´)ノ









おまけ

M原「良かったぁ~。でもI見君遅かったし、また今度ビーコン訓練しなくちゃいけないなぁ」

I見「( ゚Д゚)」
[PR]
by kadaisangaku | 2007-12-12 14:14 | 訓練

ビーコン訓練

今日は11時に部室出発で磯海岸でビーコン訓練。 の予定が、もう12時なのに人がそろわない。 どうなってるの?             

12:20頃出発。それぞれ原付・チャリ・バスで向かう。私は頭に血が上ってしまっていたので、今日の訓練は行かないことにしました。

matsuさんが、M原とN屋に指導して下さいました。

二人とも、8分以内に、埋められたビーコンを見つけ出せるようになったようで、よかったです。ありがとうございました。  
明日はアイゼン訓練です。よろしくお願いします。         

今夜はジムの忘年会に出席させていただきました。普段コンペでしか会わない方や、あまり話したことのない方々ともお話できて、楽しかったです。

私はどうしたらいいかわかりません。自分のやってることが全て正しいとは思ってないし、間違ったことをしてしまうこともあるけど、わざわざ悪いことや嫌がらせをしてるつもりもないです。他人には他人の考えがあるだろうし、他人も完璧ではないから、十分ではないかもしれないけど意見も求めるし言い訳にも耳を傾けてるつもり。

だから私を含め部員各自、自分の言動を見直して改善していきましょうよ。   
部活・山への意気込みに差はあっても、ケガ・死に近い所で活動してるんだから、やるべきこと
や信頼関係は大切です。        
[PR]
by kadaisangaku | 2006-12-09 12:01 | 訓練
霧島に行ってきました。
長崎からH田さんが車を出してくださって、
合宿メンバーと、A本さんと、部員じゃないけど付き合いのあるI君と、 ボッカにいきました。
N屋君とM原君は30kg、私は20kg、I君は15kgで登りました。

反省
長屋  ・ザック内の重さの分布とパッキングの大切さを知った
     ・バテにくくするため、歩幅を小さくしよう
     ・霧の時、メンバーとの距離を考える
     ・ぬかるみを歩くとき、へっぴり腰にならないように
     ・標識などよく見て正しい道を!!
     ・危険箇所の通過は後ろのメンバーへ伝える
     ・小休止が長いとバテるので、5~10分に
     ・トップでのペース配分に気をつけ、後ろに気を遣う


宮原  ・夏山を想定してスニーカーではなく、登山靴で登るべきだった
     ・ザック選び(パイネのガッシャー)を失敗した
     ・小休止が長いとバテるので、5~10分に
     ・トップでのペース配分に気をつけ、後ろに気を遣う

私が強く感じたのは、装備とペース配分についてです。
今回は激しい雨もなく、日帰りだったからどうにかなったけど、
靴、服装、雨具など、必要なことをわかってるんだから持ってきましょう。
また、状況に応じて後ろのメンバーへ気を遣いましょう。


霧島は、ちょっとした岩場・風の強い稜線・ザレ場・ぬかり場・やぶこぎ があって、
訓練にはちょうどよかったと思います。


H田さん、どうもありがとうございました☆


3年 Maki☆
[PR]
by kadaisangaku | 2006-07-20 21:15 | 訓練

勉強会

昨日の勉強会は,雪訓について行い12時までかかりました。

一年のN屋君が担当でしたが,内容をしっかりと自分のものにしてまとめてきて発表していたのでとても分かりやすかったです。また,こちらが間違えて憶えていたものがあったので勉強会の大切さが改めてわかりました。
[PR]
by kadaisangaku | 2006-06-29 15:09 | 訓練