山岳部の日常を語るブログ


by kadaisangaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:週末山行( 38 )

いむた池外輪山登山大会

11/27(土)にバンガローで前泊をして、
11/28(日)にいむた池外輪山に登りました。天気も晴れのち曇り。

T崎さんとT島は、鹿児島山岳連盟の方たちと一緒に運営側として参加。
自分たちの班は、中高年20名の参加者とクライミングをやっている子供のご家族4人。
こんなに多くの人たちと登ることがほとんどないので、新鮮で楽しかったですが大変でもありました。
温泉に入れて美味しい食事も頂いて役員手当まで貰えて嬉しかったです。大人になったらまたゆっくり楽しみに来たいなと思いました。


また、現在冬山を計画中です。
I見さんとT島で常念岳の方へ移動・予備含めて12/25~1/2のつもりです。
人数もどうにかならないかなと、いろいろ検討中です。


 もう寒い季節、風邪には注意しないと/by・T島
[PR]
by kadaisangaku | 2010-11-28 22:08 | 週末山行

いむた池外輪山登山大会

11/27(土)に前泊をして、
11/28(日)いむた池外輪山を登りました。

T崎さんとT島は、鹿児島山岳連盟の方たちと一緒に班長・副班長として運営側で登りました。
参加者の方は20名。こんなに多くの人と一緒に登ることがほとんど無いので、楽しかったけれど大変でした。T崎さんは、閉会式で健脚コース4班の班長として挨拶までお疲れ様です。

今回は、温泉に入れて美味しい食事も頂けて役員手当も貰い、いむた池はまた大人になったらゆっくり楽しんでもいいなと思いました。


また、現在冬山を計画中です。
I見さんとT島で常念岳の方へ行くつもりです。
正直、去年のこともあるので不安が多少あります。人数もどうにかならないかなと悩んでいます。


 だんだん寒くなって風邪などには注意したいものです/By・T島
[PR]
by kadaisangaku | 2010-11-28 21:42 | 週末山行

韓国岳

a0043698_20485173.jpg


 日曜日に霧島の韓国岳に行ってきました。

T島が寝坊してしまったので、電車の始発に乗り遅れてしまう。
(もっと気を引き締めないといけません…)

入部したいと言ってきた韓国人のスーちゃんには申し訳ないが、ミスドで時間をつぶしました。

電車で霧島神宮駅まで行って、そこからはバスで大浪池登山口に。トイレと準備運動を済ませ、
「いざ、出発!」
という感じで登り始めました。

25分くらいで大浪池に到着。人が多かったので、写真を撮って少し行った先で休憩。

西回りコースは反対側から来る人が多く、女性同士や家族連れの人たちにも会いました。
20人くらいの大勢のグループのおじさんに
「山ギャルだね~。」
と言われ、初めて聞く単語で少し複雑な気持ちがしました。

良いペースで韓国岳の頂上に到着。少し長めに休憩をとって、えびの高原の方から下山しました。
上の写真が頂上からの~(からの)大浪池です。天気が良くて、暑いくらいでした。

駅まで戻ると、電車の時間まで余裕があったので、Aコープでお弁当を買って、
電車の中で夕食として食べました。
[PR]
by kadaisangaku | 2010-11-08 21:12 | 週末山行


7月3日(土)
部室~フェリー~9:15塩入川~10:20敗退

メンバー
I見、T島、T田

雨がぽつぽつと降っている中、高隈の塩入川へ沢登りに行きました。

塩入川はそこまで難しい沢ではないし雨で少しくらい増水しても登れるだろうし無理だったら逃げればいいやという甘すぎる予測のもと塩入川へ

塩入川は入渓までが大変でチムニーを登ったりして服がどろどろになってしまった

やっとの思いで入渓地点につくと、沢の深さは浅いが水の勢いはすさまじかった

とりあえず、縦にスクラムを組み沢を登る

ほとんど平坦なところなのになかなか進まない

沢をトラバースすることさえ恐怖を感じました
a0043698_1139734.jpg


「これは無理だ~」と引き返す

遡行時間は30分も経っていません


これを敗退といっていいのかというほど無様な敗退でした。

それから、垂水で発見したおいしくて、安い(ここが重要)食堂で昼飯を食べて帰りました


「何しに来たんだ、俺たちは・・・」


T田


P.S.
夏合宿の日程が決まりました


8月7日 出発(フェリーで大阪へ)
  
  8日 大阪から富山(18切符で)

  9日 富山~立山駅~室堂~剣沢キャンプ場

  10日 雪上訓練

  11日 源次郎尾根

  12日 長次郎谷~三ノ窓(ビバーク)

  13日 三ノ窓~剣沢キャンプ場

  14日 沈殿

  15日 剣沢キャンプ場~五色ヶ原ヒュッテ

  16日 五色ヶ原ヒュッテ~スゴ乗越

  17日 スゴ乗越~薬師平

  18日 薬師平~折立~富山駅
[PR]
by kadaisangaku | 2010-07-03 23:00 | 週末山行

天気に振り回され…

先週の土曜日、23:30頃

駄目だったら肝付の山を登るということで、大隅の岸良へ
K岩さんの車で、I見さん、T田君、T島は桜島フェリーを使い、夜道を走る。
道路脇に車を止め、その横にテントを張り寝るI見さん、T田君、T島。K岩さんは車で。

「お休みなさい。」各自、横になる。

・・・

「かゆい・・・」

蚊や虫の猛攻に遭い、なかなか寝付けない・・・
車の中も暑さでひどかったようだ。

日曜日、5:00過ぎ
徹夜になった3人からすごい才能だと言われたT島も1時間程度しか眠れなかったが、明るくなってきたので行動を開始する。

朝ご飯を食べ、K岩さんがショートルートを1本登ると雨が降り出す。
仕方なく、肝付へ移動。
トンネルを抜け、山道を行く。しかし、道は工事中でありアスファルトがほぼ道幅の半分だった。
稜線上にある駐車場だとあった道幅の広い場所に車を止める。
ここでは、曇っていて晴れ間も見られた。
さすがに眠かったので、仮眠をとる。

9:30
黒尊岳へ出発。
整備がされていない道は、トゲやクモの巣が多かった。
a0043698_1515518.jpg

山頂からの景色は素晴らしいくらいに何も見えない。
a0043698_151967.jpg

a0043698_15204326.jpg

雨も降りだし、少し急いで下りる。(まさに精神修行をしているようでした)

また車で移動。
しかし、天気は陽が射して暑いほど晴れた。
猿ヶ城でボルダリングをする。
水量が多く、ほとんどが水没していてあまり登れませんでした。
帰りはI見さんの運転。17:00頃部室に到着。

T島


*夏山合宿の計画について
国立登山研修所の研修会に参加予定なので、
1次合宿で、縦走をして
2次合宿で、剱に行って大日岳から立山駅に下りようと思っています。
[PR]
by kadaisangaku | 2010-06-29 15:45 | 週末山行

平岳沢

a0043698_10533673.jpg

a0043698_10385769.jpg

a0043698_1059685.jpg

a0043698_11165545.jpg

a0043698_1112887.jpg

a0043698_11125556.jpg

[PR]
by kadaisangaku | 2010-05-19 11:17 | 週末山行

本城川

4月10日(晴)
8:35部室発~9:15桜島フェリー~11:00猿ヶ城キャンプ場
~11:30小取水堤~12:10白磁の床
~2:30滝(6M?)を捲くが同じ場所に戻る~15:30猿ヶ城キャンプ場

T田とT島は今回、今年度初めての沢登りに行ってきました。

鴨池港に着いたときにちょうどフェリーが出港してしまったり、捲いたはずなのにまた同じ場所に戻って来たりしてまだまだだなあと思いました。
まだまだ水は冷たかったですが、良い天気だったのでそれほどつらくはなかったです。
大きな淵(瀞?)に飛び込んだのは、怖かったが楽しかったなあ。
[PR]
by kadaisangaku | 2010-04-11 08:17 | 週末山行

い牟田池外輪山

いむた池外輪山登山大会があり、山岳連盟のお手伝いということでいむた池に行ってきました
a0043698_11151743.jpg
まぁ案の定、前日入りしてマルチピッチです。いむた池にマルチのルートがあるなんて知りませんでしたねぇ
a0043698_11153753.jpg
ここも竜石の近くなのでいむた池と飯盛山が見えます。今までいろんな景色を見てきましたが、ここだけは特別に美しいですね。よく見ると夏に干上がったこともあり、今でも水量がかなり少ないです。いこいの村のお偉いさんだったかが「満杯になるまであと2年かかる」と言ってました。
a0043698_11155234.jpg
下に見えるのは連盟の方です。ちなみにこのピッチが一番難しく、僕がセカンドでフリーで登りましたが、未だにフリー化されていないそうです(なぜセカンドかというとT崎が夏山同様「どこでピッチを切るか分からんかった」といって2ピッチ分を一気に登ってしまったからです。こうして意図的に僕が狙った核心ピッチを盗られてしまうのです。ヌンチャク掴んで登ってる時点で気付け!)。
a0043698_11161687.jpg
最後は竜石を登りますこのカンテをシーホースカンテというそうです。なかなか悪いです。見た目通り高度感MAX!
そして翌日
a0043698_11165399.jpg
例年より少ないそうですが、大勢います。T崎は班長なので忙しそうですが、僕は金魚のウン●なので気ままです。ついでに水やザイルも担いで20kg弱のボッカ兼ねて登りました。
a0043698_1117184.jpg
ムラサキシキブという植物だそうです。
a0043698_11173934.jpg
途中竜石手前で昼食を頂き、晩御飯の分まで貰ってきました。ガネうまぁ!

I見
[PR]
by kadaisangaku | 2009-12-01 11:44 | 週末山行

高隅へ

10月17日土曜日
10:20部室発~11:00フェリー~13:00猿ヶ城キャンプ場発~13:58二番小屋~15:25スマン峠手前~16:00夕食
~20:00就寝

 集合時は雨がパラパラ・・・(心配になる自分)
でも、フェリーに乗る頃には天気予報通り晴れました。(純粋な心を失いつつあるようです)

 キャンプ場からは、林道を
  犬に吠えられたり、
  沢ガニ3匹・25センチくらいのミミズに出会いながら
ひたすらアスファルトを進みました。T田君も少し嫌だったようでした。
a0043698_2381080.jpg

 テントを張った後、少々の休憩を取って夕食を作りました。
けれども、失敗がいくつかありました。

1、シチューとご飯の量が共に多かった→食いしごきになる

2、シチューの水の量が多く、非常に薄味になった→無味byT田

3、おたまを忘れる→コッヘルで直接すくうはめに

結果として時間をかけて完食しました。


10月18日日曜日
4:30起床~5:10朝食~7:38発~9:20妻岳~10:47平岳~11:20横岳~14:47第六休憩所~15:13猿ヶ城キャンプ場

 昨夜12時頃まで寝付けなかったT田らしいが、ちゃっかり睡眠を自分はとる。(逆に、平日よりぐっすりv やっぱ、山はいいな~)

 予定通りに起きて朝食を作ったまでは良かった。
しかし!この日も問題が発生した。
→またもや、量(ラーメン)が多かった・・・ 『あぁ、これを食べきることが可能なのは・・・』

 スマン峠の登りはきつかったが、1ピッチで行くべきでした。そして、大箆柄岳との分岐を通り過ぎ、妻岳へ。そこから平岳までの途中に「二子岳」の看板があり、その少し先に「双子岳」の看板がありました。(どっちが正しいのでしょうか?)
a0043698_027439.jpg

↑平岳
a0043698_0275461.jpg

↑横岳
 横岳からは、予定していた白山への道を探すが、30分ぐらいしても見つからずにキャンプ場への道を行きました。そして、刀剣山の方から先週と同じルートで下山しました。



・・・??? 
―《なぜ、下山にこんなにも時間がかかってしまったのだろうか》と思った方のために― 
 a,テントなどが重かったから
 b,横岳から刀剣山までが長かったから
 c,ただゆっくりしていたから

答えはそのどれでもありません・・・・
 『刀剣大滝の看板が綺麗すぎたー』 (言いたいことはこれだけです)

T島
[PR]
by kadaisangaku | 2009-10-20 00:36 | 週末山行

刀剣山へ

部室6:30~猿ヶ城キャンプ場8:53~第1休憩所9:46~第1刀剣山11:22~刀剣山展望所11:30~第2刀剣山12:52~猿ヶ城キャンプ場14:35

週末山行でT島と刀剣山へ行きました。
ザックが軽かったので10kgくらいの石を入れました。


ますヶ渕にある小橋を探しながら遊歩道を歩いていたが、見つからない・・・
そのまま遊歩道を歩いていると道は途切れた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ま、まちがえた(―_―)!!
しぶしぶ引き返す。
(帰りに、ますヶ渕と書いてある立て札が折れて、倒れていたのを発見した)

その後はスズメバチに何回も接近を許しながらも順調に進み刀剣山展望所へ


a0043698_235045100.jpg


ここでゆっくり休む

それから第2刀剣山へ行き、また休憩

またスズメバチが接近

「あ~怖っ」

のんびり休憩してから下山










部室に帰るとまだ5時だった。
「早っ!!!」
                                              T田
[PR]
by kadaisangaku | 2009-10-12 00:02 | 週末山行