山岳部の日常を語るブログ


by kadaisangaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アイス求めて阿蘇へ

どーも2年ホンダです。今阿蘇から帰ってクソ眠い中のブログ更新中ですwww
寝れないんです!こうやって山行後にすぐに洗濯せずに明日とか言ってるからとんでもないことが起こるんです。
・・・・・ただなんか雨降ってきたんで更新したら寝ますw

2月2日、3日で阿蘇に行って来ました。(←もう二月です。早いですね。ちなみにチョコ待ってます☆)
メンバーは僕ホンダとOBK岩先輩、黒稜会のT師さん、同じく黒稜会のM田さんです(やばい、自分が山岳部でなく黒稜会になってしまっているような気が・・・・・・・現役もっと俺と遊べ!!!)
タイトル通り「アイス」をしに!!!初のアイス!アイスまでしたら引退しようと思ってましたがついにその時が






・・・・って意気込み阿蘇に着きますが、さすが南九州。完璧に雪が溶けてました・・・(今年の夏山で引退とか考えてるのでアイスは無理そうです)
先々週は完璧にアイスができ、先週は頑張ればできた、らしいです(←どっちもメンバーがインフルで倒れて無理でした。)
当初の予定コースでは
仙酔峡~赤ガレ谷~関門~三段滝~ダイレクト尾根~仙酔尾根~仙酔峡でしたが、凍ってないので
仙酔峡~赤ガレ谷~関門~赤ガレ本谷を左側(西側)に捲き~鷲ヶ峰山頂~ナイフリッジ~仙酔尾根~仙酔峡を実行しました。

アイスしようと来た装備のため、ザックには2本のアイスピッケルとアイゼンがあり、靴は冬靴

なんと素晴らしいオーバースペックなのでしょうかwww

ザックやピッケルは使わなければいいのですが、靴はそうにもいかず大苦戦
冬山で履いてたのもあってか冬靴は歩行はだいぶ楽になってきました。が、しかしモロい火山岩のルートを冬靴で行くのは恐かったです。。軽登山靴で十分です。足重いし感覚掴みにくし、手袋してじゃ感覚がない(ホントはだめなんでしょうが外しました。外さずに登れないと冬山無理なのはわかっていたのですが・・・)何よりも!前の初阿蘇来た時よりも明らかに下手になっていました…orz
グレード5.9無理っす。。。継続は力なり、というか小手先の付け足したレベルアップはすぐに無くなるんですね。どうしましょ

さあそんな感じで、無事に下山
コースタイムは
仙酔峡(7:00)~鷲ヶ峰(10:30)~仙酔峡(15:30)でした
下山時にはロープウェイ下を通りましたが、なんと火山ガスの影響で整備された道が使えずロープウェイの建物まで悪い回り道を使う破目に。。。仙酔尾根より楽したくて行ってのに同じくらい疲れました。仙酔尾根に比べたら道幅は広い分、ペイント間の距離が長く道がわかりにくい。(雨の時とかはやばそう)変なパイプが通ってたのでそれを伝えば降りれます。ただ回り道は最終地点が谷みたいに水の通り道に一部なっていそうだったので雨の日は危険かもと思いました。火山ガスの影響が無くなれば高岳以降ロープウェイ側への整備路が使えて安全・楽に下山できると思います。

感想ですが、前回は悪天候で景色がほとんどなかった分、今回は快晴に恵まれてよかったです!!
ただ、快晴の中のナイフリッジは恐かったです。あと懸垂下降中に自然落石が頭にぶつかったのは焦りました。ヘルメット偉大です。阿蘇は自然崩落が起きるということを自覚できました。ヘルメット一つにしてもセーフティ・クライミングには基本が大事だなと考えさせられました。
最後、温泉に行ったのですが、、、、僕が髪や体洗ってさあ入浴だ!って時にみんな上がってるのはどゆことっすか!?www早すぎです
あと写真なくてごめんなさい

来週は大山。ではなく雪屋久島に向かう感じです。大山行きたかったですがメンバー不足で引率してくださるOBK岩先輩のHeartが折れまちゃいました。                              以上です!
[PR]
by kadaisangaku | 2013-02-03 23:58 | 合宿