山岳部の日常を語るブログ


by kadaisangaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

刀剣山大滝沢 完全遡行に挑戦!

0825遡行開始-1130刀剣山大滝基部-1630大滝落ち口-下山

0p目 20mB1Anc2(アプローチ)
1p目 10mB3Anc2
2p目 30mB4Anc2
3p目 45mB13Anc0(3p目途中)
4p目 8mB0Anc2(3p目)
5p目 10mB0Anc0(4p目)
6p目 50mB4Anc2(5p目)

B・・・ハンガーボルト、Anc・・・アンカー、()内は鹿児島黒稜会の遡行記録

2年のT田を連れ、刀剣山大滝沢の完全遡行を目論見ました。
a0043698_9495684.jpg

内之野集落より左岸の小道を登りつめ、フェンスのある集水提から入渓。まだ日が照らず、冷たさがしみます。

結構深い淵があり、泳ぎました。

完全遡行なので、小さいが巻かないとめんどくさい滝でも登ります。
a0043698_9555265.jpg

ここはハーケン2本AA1?2本目のハーケンが効きすぎてT田が苦戦していました(抜いた反動でぶっ飛んでた^^;)

そんなこんなで全部登っていたのですが、10mチョックストーンハング滝が現れました。

I「あぁ無理だぁ」

T「(少し下流に)看板がありますよ」

I「えぇ!?」

なんと登山道が沢を横切り、うまい具合に左岸から滝を巻いてくれていたのです。
a0043698_105255.jpg

I「なんて登りやすい!」・・・こうしてあっけなく完全遡行は失敗に終わりました。登山道からは大滝が遠望できます。まだ遠いです。

そして登山道は親切なことにまた沢まで下りており、そこからしばらく登ります。おぉ大滝が見えてきました
a0043698_109242.jpg

でかいです。上部は2条になって流れています。

I「あの2条の先が落ち口か・・・」とこの時はおもっていたのですが、、、

0p目
a0043698_1013418.jpg

左岸を登り、草バンドをトラバース。ボルト1本です。怖いです。

1p目流れを越え、段状の岩を登ります。岩がもろいです。アンカー右手にボルトがありますが、おそらく2p目のものでしょう。

2p目アンカーから右へ巻きながら凹角へ向かいます。凹角下の濡れた所でワンポイントだけA1。白い凹角を左上します。

3p目からA1の連続で登ります。凄まじく濡れており、ヌルヌルです。このピッチのフリー化は無理でしょう。途中の水が滴る垂壁が核心。11ピン目の支点にはクイックドローが残置してありますが、取れませんでした。13本目のボルトは遠いので、その下にハーケン1本を打って乗りこみました。この13本目はもう抜けそうです。
2条の滝の落ち口でハーケン1本にセルフビレイをし、支点ビレイでは耐え切れないと判断し、ボディビレイ。登ってきたものしか見れない絶景ですが、いかんせんT田が遅く、だるいです。ブユが出現しだします。
a0043698_10331396.jpg

4p目を登ると中途半端なところにアンカーが打ってあります。なんとここから写真がありませんorz

5p目。もう終わりかと思っていたのに30mほどの滝が出てきます。しかもここで間違えて右岸から滝を登ろうとしてしまいました。危険なクライムダウンと大量発生したブユで顔がボコボコになってしまいました。I見発狂!

6p目。ブユによるストレスもありT田にぶち切れながら(八つ当たり?イエイエそんなことはないデスヨ)ゴルジュっぽいのを進み、左岸から細かいフェースを登ります。ハーケン1使用。落ち口はラストのボルトでテンションorz、右のブッシュを掴みながら登りました。クライミングシューズならフリーで登れたんだぁチクショー
ゴルジュ手前にボルトが1本ありますが、セカンドと共に左岸まで上がり、ビレイをしたほうが流れがいいと思われます。

登攀5時間コースタイムの2.5倍もかかって登り終えました。

もう色々と(特にブユ、特にブユ、特にブユ、特に、、、、、、)十分だったので、横の登山道から下りました。

最低目標は達成できたので満足です。

すべての写真へ

顔ボコボコ、左耳1.5倍のI見
[PR]
by kadaisangaku | 2010-06-07 10:53 | 沢登り